>>身長を伸ばしたい方のみご覧ください

2008年03月01日

低身長の悩み

低身長といっても自分で思い込んでいるだけっといった
方は意外と多いです。

例えば中学一年生のときに極端に身長が低くても
2年、3年生となるにしたがいいきなり身長が
伸びることもあります。

私の場合、中学一年のときは一番先頭、つまり
身長がクラスで一番低かったが、
中学3年になったとたん身長が15センチも伸びました。

低身長の定義は相対的である。一般的に同人種同性同年齢の身長に比して、標準身長−2SD以下(およそ100人に2〜3人程度)、もしくは2年間の成長速度が−1.5SD以下である場合に低身長と定義される(成長曲線上にプロットして判定するのが簡便である)。例えば、日本人の15歳男児では平均身長は168.5cm[1]、標準偏差5.95であるから、この基準に従うならば身長156.6cm以下の日本人15歳男児は低身長の定義を満たすことになる。

低身長と決め付ける前に本当に低身長かを医師にそうだんしてみる
とよいでしょう。

たとえ低身長だったとしても、医学の発展のおかげて
さまざまな治療法があります。
posted by 低身長 at 18:45| 低身長の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

低身長の治療方法

低身長の治療方法のひとつに、
ホルモンバランスを整える方法があります。
低身長の治療方法はいくつかあります。

決められた間隔で注射を打つことによって
身長を高くするというものです。

身長を伸ばすには、適度な運動、睡眠、食事管理、体操、が重要といわれており、健康的な私生活を心がけることが身長を伸ばすためには大切です。

ですが、明らかに身長が低い低身長症の場合や低身長が気になってしまう
方の場合は、ホルモン治療などの身長を伸ばす専門治療をすることも
考えたほうがいいかもしれません。

低身長、背が低いことを気にする気持ちはわかります。
ですが、すべて悪いことが起こったときなどに、自分の身長や低身長のせいにして自分から逃げてしまうような人間になってしまうのは
よくありません。




posted by 低身長 at 20:07| 低身長の治療方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。